上高地温泉ホテルの歴史

創業文政13年。
上高地温泉ホテルは上高地の歴史とともに歩んできました。
落ち着きのある和風ホテルで歴史を感じながら、
のんびりとお寛ぎください。

歴代の従業員集合写真

1935年(昭和10年)頃 1950年(昭和25年)頃
1965年(昭和40年)頃 1986年(昭和61年)頃

 

上高地の風景

昭和初期の上高地温泉ホテル つり橋の初代・河童橋

 

ギャラリーのある宿

上高地温泉ホテルは日本を代表する幾多の文人墨客たちが、定宿にして多くの作品を世に送り出してきました。
ギャラリー「きそう」(1F)では、当館にゆかりのある作家達による展覧会が随時行われています。
また各階のいたるところにも作品や足跡を展示しています。

ギャラリー「きそう」 階段脇の展示風景

 

上高地温泉ホテルの沿革

 1830年から1861年まで、上口湯屋として営業しておりましたが、この跡地に1887年、『上高地温泉場』として宿泊営業を開始。その後1894年に上高地温泉同盟として法人化され、1904年に『上高地温泉株式会社』の設立により本格的な営業を開始しました。さらに、1931年に現ホテル名になったものです。現在の建物は戦後に建設したものです。

文政13年
(1830年)
岩岡村の庄屋・二代目伴次郎、上高地の湯沢に「上口湯屋」を開設する。
文久元年
(1861年)
「上口湯屋」大暴風雨に遭い損壊。三代目伴次郎、復旧不能の為放棄。
明治19年
(1886年)
「上口湯屋」跡地の拝借願いを提出、許可下りる。(新村・田中耕夫等)
明治20年
(1887年)
「上高地温泉場」として宿泊営業を開始。木造平屋建てを建設。
明治37年
(1904年)
「上高地温泉株式会社」の創立総会を開き、株式会社化する。(初代社長 青柳尭冶郎)
明治42年
(1909年)
芥川龍之介、島木赤彦宿泊。
大正 2年
(1913年)
ウェストン夫妻、高村光太郎・智恵子、窪田空穂宿泊。
大正 4年
(1915年)
焼岳爆発。大正池出現。
昭和 6年
(1931年)
「株式会社上高地温泉ホテル」に名称を変更する。
昭和10年
(1935年)
本館新築する。
昭和13年
(1938年)
安井曾太郎画伯は昭和13年と15年にかけて長期滞在し上高地シリーズの絵を描く。
昭和30年
(1955年)
新館落成する。
昭和50年
(1975年)
「株式会社上高地温泉ホテル」創業90年・会社設立70周年記念事業。
別館落成式。
昭和56年
(1981年)
「株式会社上高地温泉ホテル」創業95年・会社設立75周年記念事業。
現在新館落成式。
昭和60年
(1985年)
第二新館落成する。
昭和62年
(1987年)
創業以来の建物(梅館)を浴室棟に建替え、露天風呂を新設する。
平成 4年
(1992年)
食堂・ロビー改築しギャラリー「きそう」を設ける。
平成16年
(2004年)
「株式会社上高地温泉ホテル」会社設立100周年記念式典を行う。

<昭和初期の頃>
右の二階建物にウォルター・ウエストン氏も宿泊されました
左奥の山は焼岳